ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  買い手から考えるマーケティング  »  コルゲンコーワ鼻炎系CMの「TPO」の意味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コルゲンコーワ鼻炎系CMの「TPO」の意味

またもやコルゲンのネタですみません。

以前、コルゲンコーワ鼻炎系はTPOが切り口になっていると書いてました。

TPO=Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)です。
CMでは、時間と場所を切り口にしてるんですが、場合というのがないんですよね。




で、場合ってなんだろうと考えていて、ふと思たんですよ。
医薬品のOccasion(場合)って、「症状」なんじゃないかと。

風邪薬のCMなんかは、「鼻から」「熱から」「のどから」とか、
よく症状によって薬の提案をかえてますよね。
この手の症状をうたったアピールは、医薬品では使い古されていて、
どれも似たようなCMになってしまいがちです。

そこで、時間や場所を軸にしたアピール方法にすることで、
斬新な印象がある医薬品のCMにすることができたのではないかと思います。

フレームワークを使って、手薄な軸を探したということなんでしょうね。


【第2類医薬品】コルゲンコーワ鼻炎ジェルカプセル 24カプセル【第2類医薬品】コルゲンコーワ鼻炎ジェルカプセル 24カプセル
(2009/11/04)
興和

商品詳細を見る
関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
▲ Page Top
プロフィール

amuraba

Author:amuraba
大阪でSEやってます。ついに40代に突入^^
ブログは、マーケティング中心ですが、
ときどき、CADとかWebとかC++とか、
子供の話なんかも書いてます。

最近の記事+コメント
カテゴリ
買い手から考えるマーケティング (947)
マーケティング考 (42)
ソフト屋さんの生活 (32)
ソフトウェアの価値 (15)
CADで使いそうな数学 (23)
WebアプリとかSEOとか (21)
C++めも (23)
CUBE-GYM(キューブジム) (14)
覚え書き (38)
子供のお話 (59)
その他 (39)
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。